« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月23日 (月)

ココの口内炎経過

Coco2 Dsc04496 12月のミクシイ日記より>>

長いこと口内炎を患っていたココ(12歳)が10月に前牙を残して全抜歯してから2か月経ちます。(血のついた抜いた歯を見せられた時はかなり衝撃!)
炎症がひどい時はまったくご飯食べられず点滴に頼ることもあったけれど、今は柔らかいご飯を食べながら、脱ステロイドを目指しています。一度食べて痛い思いをすると、ココは口の病気のせいだと思わず、
「この餌があかんのや!」
「場所や!ここで食べると痛くなるんや!」
「(ミュウの顔を見て)お前が顔出すと餌がまずなるわ!」と思うらしいのです。で、私は色々と餌を取り揃え、食べる場所も廊下の隅、テーブルの下、階段の途中、など皿を持ってココの後をついて行きます。
この秋は、ココと一緒に食べるために随分サンマとアジを食べました。魚の水炊きも一緒に食べています。猫の体に悪いので、白ネギは無しです。

>>その後
12月の半ばから、脱ステロイドを目指しています。人間用のとあるメーカーのアロエジュースが効くという情報を得て、毎日2CCずつ飲ませています。猫にとっては「ま、まず~~!」という味らしく、ひっかかれてしまうこともありますが、一日1錠ステロイドを飲まないと翌日は御飯が食べられない、という状態だったのが、今は一日おきに半錠ですんでいて、少しずつ効果が出ているのがうれしい。調子の良い時はカリカリフードも食べられるようになりました。
食事の好みは気まぐれで毎日変わり、色々並べて「どれをお召し上がりになりますか?」と試しています。最近はブリのアラを買ってきて、ほじった身をココが食べ、「アラのさらにアラ」を使って炊いた大根を人間が食べます。
痛かった時期は食後顔も洗わずよれよれの毛並みになっていたのが、今は満足毛にゆっくり顔を洗っています。そんなココの様子を見るのが幸せ~~

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31